白斑の治療

白斑の治療

俗に‘しろなまず’と言われる皮膚の色が白く抜ける疾患があります。

原因としては 自分の免疫系が自分の色素細胞を傷害する‘自己免疫機序’が有力視されています。

日本皮膚科学会から、白斑の治療ガイドラインが発表されています。

この中で、当院では、推奨度の高い治療のほとんどが可能です。各種外用剤での治療、紫外線療法(Narrow band UVB治療、エキシマライト照射法)など。

いずれも、発症早期に治療を受けることで、有効率が高くなります。

その他、症状が固定した方では、手術療法(1mm punch graft法;白いところに正常なところから直径1mm皮膚を採取し、植皮する。)が適応となる場合もあります。 ただし、健康保険で可能な治療ではないため、まずは、上記の保存的治療にて、できるだけ色素の復活を試みます。

ブログの最新記事

PAGE TOP