毛虫にご注意を!

毛虫皮膚炎

ある種の毛虫は、幼虫の体の表面に毒針毛(0.1mmほど)を持ち、飛び散った毛に刺されるともうれつにかゆい皮膚炎をおこします。すぐに皮膚科を受診されることをお勧めします。

毒針毛を持つグループとしてドクガ類、イラガ類があります。肌を露出して、ウメの実をもいだり、ツバキ、サザンカの枝の手入れをするようなときに被害にあいます。

ドクガ類(ドクガ、チャドクガ)は卵から蛾の成虫まで全てが害を与える一方、イラガ類は幼虫のみ有害。

チャドクガ

成虫は年2回発生します。卵塊で冬を越し、孵化した幼虫がみられるのは5~6月頃と9~10月頃(夏に産卵された卵からふ化した幼虫)です。幼虫はチャ、サザンカ、ツバキなどのツバキ類の植物だけを餌としています。庭にサザンカやツバキがあって、毛虫を見かけたら要注意です。

ドクガ

ドクガの幼虫は夏にふ化したものが8~10月頃見られる。ドクガの食性は広く、100種以上の植物をエサにしますが、特にバラ類(サクラ、ウメ、カキ)の葉が好物です。

イラガ

多くの樹木(ウメ、サクラ)をエサとし、刺されると痛みがある点が前2者と異なります。シーズンは7-10月です。

毛虫臨床

毛虫DS

上は毛虫皮膚炎の症状、下は発疹をデルモスコピーで観察した写真です。確かに毒針毛がささっている様子がわかります。

ブログの最新記事

PAGE TOP