肝斑の治療について

肝斑とは

illust_kanpan肝斑(かんぱん)とは主に額や頬、口の周囲にみられる褐色のシミです。30~50代の女性に多くみられますが男性にも見られます。

メラニン色素をつくる色素細胞が活発に活動しているためで、原因としては、女性ホルモン環境や紫外線などの悪化因子に加え、洗顔やメイク落としの際の”擦りすぎ”による機械的刺激が考えられています。

好発部位は、頬や額など摩擦の加わりやすいところで、周囲との境界明瞭なシミとして現れます。

肝斑の治療法

色素細胞が活発に活動していますので、黒色に反応するレーザー治療をしようとするとかえって濃くなるという結果になります。色素細胞の鎮静化が目標で、そのため、まずは生活指導にて、擦る刺激をできるだけ避けることと、紫外線対策が基本となります。 そのうえで、①トラネキサム酸の内服、外用とくにイオン導入での使用が有効となります。トラネキサム酸は、色素細胞を刺激する周囲の角化細胞を安定化させるといった穏やかながらも確実な作用があります。②色素細胞のメラニン産生に直接的に作用する成分としてビタミンCがあり、イオン導入(トラネキサム酸に引き続いて)することで直接表皮に働き、効果がさらにアップします。

施術の流れ

初診は、予約なく通常の診療を受けてください。肝斑が気になる場合でも他の疾患の可能性があり、鑑別診断が必要となるためです。美容治療の適応となりましたら具体的なご説明をし、治療の日時を予約します。
①イオン導入の場合、洗顔後、薬剤を浸したガーゼを顔に当て、術者がローラーを転がしながら10分ほど導入してまいります。痛みはほとんどでない微弱な電流が作用する設定で行います。ダブル導入の場合は、まず、トラネキサム酸のイオン導入を行いその後、ビタミンCで行います。1~2週おきに5~6回を1クールといたします。
トランサミンカプセルとシナール錠を処方します。
外用剤としてハイドロキノンまたはルミキシルを用います。

肝斑の料金

イオン導入
①資生堂ナビジョンIPエッセンス・ビタミンC+トラネキサム酸(ダブル導入7560円)(通常5~6回)
②トランサミンカプセル+シナール錠 一か月分3240円
③ グラファメラノキュア(ハイドロキノン)8g 3240円、ルミキシル9ml  6480円、30ml 16200円   

肝斑の症例写真

症例写真の準備(before after)準備中・・・

PAGE TOP