小じわ、たるみの改善について

しわとは? 症状・できる理由など

皮膚の加齢による変化として、まずは目じりの小じわやちりめんじわについて気になり始めるのではないでしょうか。“しわ”に対するアプローチとして、顔の表情じわや口元、額の深く大きなしわに対しては、表情筋を麻痺させる注射、ヒアルロン酸の細胞間物質を注入する方法、手術療法などがさかんに行われています。当院は一般皮膚科医院ですので、現在、それらのことはできません。主として目元の小じわやちりめんじわとよばれる細かいしわへのケア、ダイオードレーザーによるタイトニングを行います。
しわの悪化予防には、保湿のスキンケアと紫外線対策が大切です。特に紫外線は、生じる活性酸素が真皮のコラーゲンにダメージを与えたり、弾性を低下させます。日焼け止めを適切かつ十分に使用することが基本となります。加えて喫煙がしわの発生に確実な因果関係をもつことも注目されています。

小じわ、たるみの治療法

目元の小じわやちりめんじわとよばれる細かいしわは、真皮の浅い層の変化がメインで、この部分は表皮の影響下にあるため、皮膚表層(角層や表皮)へのアプローチによって改善が期待できます。ケミカルピーリングやIPL(光治療)が該当しますが、さらに当院では、トレチノインを用いた治療と、ビタミンCのイオン導入がおすすめです。

トレチノインは塗り薬で外用することにより、表皮細胞の増殖とターンオーバーの亢進、細胞間のヒアルロン酸の産生増加をもたらし、真皮ではコラーゲン産生を促します。その結果、皮膚は瑞々しく張りがよくなり、小じわの改善、くすみや色素沈着の改善が図れます。この治療法の欠点は使用後に刺激性皮膚炎(トレチノイン皮膚炎)を生じやすいことですが、当院ではトレチノイン皮膚炎を起こしにくくするように工夫されたCDトレチノインを用いております。
本邦で一般化粧品への使用が認可されているレチノール、酢酸レチノール、パルミチン酸レチノールは、トレチノインの仲間で皮膚炎が生じにくく、副作用の点からは利点がありますが、作用がトレチノインの約1/100の程度となってしまいます。

ビタミンC(=アスコルビン酸)は、紫外線ダメージで生じる活性酸素除去作用と真皮のコラーゲン増生作用があります。ただしビタミンCは分子が不安定なため、しわの改善を期待するためには、安定的にかつ、いかに(表皮を超えて)真皮に到達させるかがカギとなります。安定化のために一般にアスコルビン酸誘導体といって、分子構造が工夫された薬剤を使用します。真皮に送り込むためには、①イオン導入すること、もしくは②分子に親油性を高め角層や表皮を通りやすくすることが考えられます。当院では、アスコルビン酸に親水性と親油性の両方の特性を持たせ、真皮への吸収を大幅に高めたAPPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、アプレシエ®)のイオン導入も行っております。

皮膚のたるみに関して、近年様々が医療機器が開発されていますが、効果は一定期間持続する限定されたものであるのが現状です。当院ではダイオードレーザー(MeDioStar NeXT)によるタイトニング(真皮層に生じる熱によるひきしめ)を行っています。1か月おきに3回が目安です。施術直後から引き締めの効果が感じられます。

施術の流れ

【お電話での受診のご予約】
お電話で御来院の日時を予約します。

【医師による初回診断】
診察、患者様の御希望も踏まえて、最適な治療法をご提案します。

【治療の説明】
治療の流れや注意点、費用につきご説明し、治療日時を予約します。

【治療】
来院前は、メイクや日焼け止めはせず御来院ください。

【自宅での処置のご説明と次回受診日の確認を行います。】

● CDトレチノイン療法について
1日1回夜、顔に塗布する。朝はしっかりと紫外線ケアを行ってください。
使用開始後2、3日で薬理効果が現れ、落屑や発赤がみられます。
外用を続けると、徐々にお肌が耐性を獲得する(トレチノインが効かなくなる)ため、間歇的に使用(2~3ヶ月使用後、1ヶ月休薬)する方がよく、それを繰り返します。
(注意点)
使用開始後より皮膚炎による発赤、落屑などを認める事が多ですが、通常は耐性を徐々に獲得し、投与を継続していても皮膚炎は自然に消失します。しみや色素沈着がある場合はハイドロキノンやルミキシルと併用します。
妊娠中、または希望の方は本治療ができません。

● メディオスターNeXTによるタイトニング治療
たるみ、ほうれい線、小じわの改善、フェイスリフト効果が期待されます。 顔面にジェルを塗布してレーザー照射をしていきます。一カ月に1回行い、3回を一区切りとします。

小じわ、たるみ治療の料金

① CDトレチノイン療法 薬剤費 5g 0.05% 2160円、0.1% 3240円、0.2% 4320円
*別途、初回のみ初診料2700円、二回目から再診料700円がかかります。

② イオン導入 (1~2週おきに5~6回を1クールといたします。)
・資生堂ナビジョンIPエッセンス・ビタミンC 4860円
・APPS(両親媒性アスコルビン酸誘導体、アプレシエ)導入 5400円

③ MeDioStar NeXTによるタイトング治療
全顔20分 初回お試し 7560円
一回10800円

CDトレチノインの症例写真

しわの改善

CDトレチノインの症例写真 しわの改善

色素沈着の改善

CDトレチノインの症例写真 色素沈着改善

PAGE TOP