薬疹

薬疹とは

原因不明の発疹が飲み薬の副作用として出現することがあり、〝薬疹″と表現します。代表的な発疹の特徴は、胴体を中心に広く、左右対称に出現することです(はしかのような形が多い)。発疹の形や分布は多彩ですが、通常は原因薬の中止によって比較的軽症で治癒することが多いです。まれに目や口、陰部などの粘膜に症状がでる場合があり、重症化が懸念され、早期治療が必要です。

その他、特殊な薬疹ですが、外来でよく遭遇するものとして

● 固定薬疹
ある薬を飲むたびに、決まった部位に丸い灼熱感のある発疹が生じる状態です。灰色っぽい色素沈着を残して治癒します。
口唇や手指、陰部などが好発部位ですが、原因に気づかず繰り返し生じているケースがあります。典型例としては、月経のたびに鎮痛剤を使用し、固定薬疹を生じていた方がいました。

● 新しい抗がん剤による薬疹
分子標的治療薬と呼ばれる薬剤による薬疹の患者さんが増えています。にきびのような皮疹、乾皮症(からだや手足)、手足の皮がむけて痛む、手指の陥入爪などが代表的です。主治医と連携しながら患者さんの状態に応じて対処します。

薬疹の検査と診断

診断には病歴の聴取により、原因薬を推定することが最も大事です。
原因薬の推定には、まず2~数週間程以内に新たに使用した薬剤を検討し、文献を参考に当たりを付けます(お薬手帳が役立ちますので持参してください)。一般に「長く飲んでいる薬だから心配ない」と考えがちですが、ある日、急に出現することがあり、そうともいえない場合があります。

たくさんの薬を飲まれている場合は、薬疹の頻度の高いものにしぼって、一定期間お薬を変えていただいたり、休薬していただいたりすることを、処方されているドクターに連絡をとって依頼します(自己判断で勝手に薬を中断することは病気の悪化を招き危険ですので、必ず処方医の指示をいただきましょう)。

目や口、陰部などの粘膜に症状がでる場合は重症化することがあり、早期治療が必要です。
多くはアレルギー性で、治療の原則は原因薬の特定と使用の中止が鉄則です。

検査としては、下記の①~④を組み合わせて行います。
採血では、①白血球中の好酸球という成分の増加の有無に着目し、
②リンパ球幼弱化試験を提出します。これは、患者の血液と薬を掛け合わせて、反応をみる方法です(薬疹の血液検査を行う場合は、内服薬の現物を持参していただきます)。
その他に
③皮膚パッチテスト(薬を砕いて調整し、背中に2日間貼る。)
④皮膚生検

薬疹を治療と予防

薬疹の治療は、原因薬の中止が鉄則となりますので、原因薬の特定が何より大事となります。通常は、薬が中止されると自然に軽快してきますので、対症療法的な外用剤がメインとなります。重症化が懸念される場合は、早期にステロイド剤の全身投与が必要となります。
予防のためには、いままでご自分が薬疹を招いた薬を記録していて、次回投薬される際に医師に伝え、同じ、または同じ系統の薬剤をさけることが必要です。お薬手帳に記入して持ち歩くとよいとおもいます。

症例写真

播種状

 

消炎鎮痛剤による薬疹(播種状紅斑型)
はしかのような発疹が広くみられます。

 

 

固定薬疹1

 

去痰剤による上腕から肘の薬疹(固定薬疹)。
紫がかった独特の紅斑が何度も同じ場所に出現。

 

 

固定薬疹2

 

消炎鎮痛剤による手掌の薬疹(固定薬疹)

PAGE TOP