乾癬

乾癬とは

白色のカサカサしたフケ(鱗屑)をつけた赤い斑点が頭や体(体幹部、肘、膝、股、へその周りなど)に出現し、慢性に経過する皮膚疾患です。痒い場合もありますが、半数以上の方ではあまり痒くないと言われています。多くはこのような局面型といわれる乾癬ですが、関節炎や爪の変形を合併したりすることがあります。

乾癬になる原因

原因は特定されていませんが、遺伝的素因を背景に、免疫系や表皮角化細胞の異常が引き起こされていることが考えられています。食生活を含めた生活様式が欧米化してきたことで有病率が増えてきたり、乾癬とメタボリック症候群が合併していることが疫学的観察から報告されていますが、決定的な説明は現在研究途上にある疾患といえます。

乾癬の治療法

①一番基本となるのは塗り薬です。炎症をとるステロイド剤と、活性型ビタミンD3製剤が有効です。最近、両者が合わさった新しい軟膏剤が出て、有効かつ使いやすさが向上しています。

②皮疹が広汎にあり、塗り薬が大変なときは、紫外線療法が有効です。これは、紫外線のUVBのうち、311~312nmという特定の波長だけ治療に用いることができる機器を使用し、週1~2回の照射することで皮疹が改善していく非常い有効な治療法です。

光線療法機器当院ではこれらの①と②をメインに行っております。

さらに近年、生物学的製剤という新しい作用メカニズムで炎症を抑える治療薬が次々登場しておりますが、副作用や事前の健康チェックが必要となり、これらは大学病院や総合病院に御紹介しての対応となります。

乾癬の治療における注意点

一般に根治し難く、慢性に経過すると言われてきましたが、いくつかの治療によって皮疹が軽快し、長く症状がでなくなることもよく経験します。根気よく治療を続けて症状の安定化を図っていくことが大事です。また、ケブネル現象というのですが、皮膚をこすったり、刺激を与えると皮疹が急に悪化することがあるため、体を洗うときはナイロンタオル等は使用せず、優しく洗いつつ清潔を保ちましょう。

PAGE TOP