掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症とは

本症は、手のひらや足の裏に膿をもったポツポツが混じった、皮がむけた紅斑を主症状とした慢性の皮膚病です。症状に波があり、悪化したり落ち着いたりを繰り返す難治性皮膚疾患の一つですが、数年の経過で治癒が期待できる場合があり、早期治療と原因の検査と根気強い治療が大切となります。

掌蹠膿疱症になる原因

病巣感染といって、体のどこかにバイキンの巣があり、細菌アレルギー的に手のひら、足の裏に発疹を作るという説が有力です。頻度から、扁桃炎や歯周病や虫歯などの歯性感染症のことが多く、耳鼻科、歯科の先生に一度診ていただくとよいでしょう。その他には金属アレルギーが原因のこともあり、金属パッチテストで検討できます。

掌蹠膿疱症の治療法

セラビーム本体塗り薬による炎症を取る治療が基本ですが、エキシマ光線というUVBの特殊な光線を手足にあてる治療が有効です。

特に、発症早期に治療を開始するほど、光線での治療効果が早く実感できます。

週1回から2回の割合で数~十数秒程度の光線を手足に当てることで炎症を改善していきます。内服ではビオチン酸というビタミン剤が有効と考える説があり、当院でも処方しております。当然、根本原因となる病巣感染の精査を進めていくことと、金属パッチテストも行います。

右図はセラビームという治療機器の画像です。

掌蹠膿疱症の治療における注意点

剥けかかった足の皮膚を引っ張って剥かないこと、喫煙は即刻中止すること、外用治療を地道に行うこと、慢性に経過しますが、あきらめず治療を続けることによって治癒が期待できることを念頭において治療を続けましょう。

症例写真

掌蹠膿疱症 症例写真

口腔内からの病巣感染を疑って、歯科治療を勧めます。
皮膚は軟膏療法と、エキシマ光線療法(セラビーム)を行います(週1回で10回)。
掌蹠膿疱症は経過が長く、一般に治療に難渋しますが、この方の場合は発症早期(急性期)から治療を開始できたため、早期に改善したものと考えます。

PAGE TOP