やけど

やけどについて

お湯をこぼしたり、アイロンに触れたりして日常生活で火傷をすることが良く起こります熱傷は単に赤みが生じる1度、水ぶくれが生じる2度、皮下脂肪以上まで熱が及ぶ3度の火傷に分類されます。冬場に湯たんぽに触れて火傷してしまう状況では、低温で長時間熱が加わるため、意外と深い熱傷(3度)となってしまいがちです。また、温熱以外に、工場などで強い酸やアルカリ性の化学物質に触れて火傷のようになるものは化学熱傷と呼び、同様な対応が必要です。

やけどの適切な応急処置とは

まず慌てず水道水で冷却してください。痛みは数時間続くため保冷剤で適宜冷やしながら慌てずに受診してください。化学熱傷の際はさらに十二分に流水洗浄を行ってください。

クリニックに来院いただくべきやけどについて

軽いやけどでも不適切な処置によって感染をかぶったりして悪化することがあるため、基本的には医療機関にかかったほうが安心です。水疱ができてしまったら2度以上の火傷ということになりますので、必ず受診してください。

当院での治療方針

1度の火傷は、塗り薬の塗布により炎症による痛みが改善します。2度以上の火傷では、直ちに湿潤療法を開始し、早く、痛くなく、剥けた皮膚が再生するような手段で治療します。消毒はせず、洗浄を重視します。感染を合併すると火傷が深く、跡が残りやすくなる(瘢痕化)ため、薬店から薬を買ったりして自己流で処置したりすることは避けた方が無難です。

症例写真

やけど 症例写真

PAGE TOP