褥瘡、床ずれ

褥瘡、床ずれとは

長期療養や寝たきりで体の一部に圧力が集中する結果、その部位の血行が悪くなり皮膚が壊死し、潰瘍化します。そういう状態は褥瘡、床ずれです。発生しやすい部位はおしりの真ん中、坐骨部、腰骨、大腿骨の大転子部、足のかかと部など、皮膚の下に骨が近接している部位に多く、痩せている方では良く起こります。

褥瘡、床ずれの治療法

床ずれの治療は、創傷ケア(皮膚の局所治療)、除圧による根本原因の除去、栄養状態など創傷の治癒を促進する手段を総合して行われます。当院では、主として創傷ケアを適切に行い、早期治癒(上皮化)を図ります。具体的には、壊死組織の除去、細菌感染の治療、過剰な湿潤状態の改善(浸軟の程度に注目)、創部の縁への処置(ポケット形成した褥瘡への処置)を状況に応じて組み合わせて行います。

褥瘡、床ずれの予防法

長期臥床状態にある方のケアとして、適切な体位変換、寝具や座布団の工夫による除圧が最も大事で、それだけで治癒することも多くみられます。そのため、ケアマネージャーさんやご家族、施設の方を交えて予防、改善策を患者さんごとに個別に模索していく、という方針で治療にあたっております。

PAGE TOP